<< 山口千尋 | main | iPod nano >>

スポンサーサイト

  • 2008.01.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


記載ミス

厚労副大臣時も記載ミス
東奥日報
政治資金収支報告と国会議員資産公開法に基づく資産報告だけでなく、厚労副大臣時の閣僚資産公開でも鴨下氏がずさんな報告をしていた実態が明らかになった。 鴨下氏の事務所は記載ミスを認めた上で「大臣自身が自分の金で政治活動をしているという意識が強く、貸し付けと ...(続きを読む)


『故意なら更迭』 官房長官 虚偽記載などで基準
東京新聞
収支報告書への記載ミスをめぐっては、二重計上が見つかった坂本由紀子前外務政務官が同日、引責辞任する一方、「パーティー券収入」を「寄付」と訂正した岩城光英官房副長官は引責辞任を免れており、坂本氏のケースは故意だったと判断されたことになる。(続きを読む)


首相「誤記なら更迭せず」・環境相収支報告書問題
日本経済新聞
安倍晋三首相は5日昼、鴨下一郎環境相の政治資金収支報告書で借入金に記載不備があったことについて「(大野松茂官房副長官を通じて)記載ミスだったと聞いている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。更迭に当たるかどうかに関しては「誤記ならばそれに当たら ...(続きを読む)


参院で首相問責決議も、鳩山幹事長語る
日刊スポーツ
単なる記載ミスかどうか、追及する」と強調した。 1円以上の事務所費に領収書添付を義務付ける政治資金規正法の再改正に自民党内から慎重論が出ていることを念頭に「公明党は民主党と同じ立場なので協力を求めたい。自民党がもっと真剣に取り組むよう指導することが必要 ...(続きを読む)



安倍内閣の「政治とおカネ」の問題が止まらない!+台風が関東接近+ ...
鴨下大臣は、単なる記載ミスと釈明している。 安倍首相は、「説明を果たしていると思うのか?」との問いに「記載ミスだと説明を受けたので、記載ミスか誤記だと思っています」 とのお答え。(・o・)sorede iiwake(x2)? まあ、一言で言えば「いかにズサン ...(続きを読む)


またか! 政治家のカネの問題
遠藤武彦前農相の辞任に続き、今度は鴨下一郎環境相の不明朗な政治資金問題が5日明らかになった。安倍晋三首相は「記載ミスだ」として、辞任する必要はないとの考えを示しているが、果たして鴨下氏の説明で納得する国民はどれだけいるだろう。 ...(続きを読む)


9月6日(木) なぜ、『読売新聞』のスクープだったのか
例によって、安倍首相は「記載ミスと聞いている。記載ミスなら、訂正しないといけない。よく説明してもらいたい」と、他人事のように語るだけです。「内閣を去ってもらう」との方針を示していることについても、「誤記であれば、それに当たらないのでは ...(続きを読む)


さぁ〜て、閣僚の更迭第2号か? 鴨下環境相:資金管理団体への貸金に ...
差額の800万円分については報告書に記載がなかったが、鴨下氏は5日朝、1000万円のほうが記載ミスだったと説明したうえで、「出来るだけ早く事実関係を調べて皆さんに報告したい」と述べた。 鴨下氏の資金管理団体「政策パラダイム研究 ...(続きを読む)



【生えなきゃ全額返金】ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!メール相談あり

【痩せなきゃ全額返金】たった40分で2キロ痩せるダイエット法!



スポンサーサイト

  • 2008.01.09 Wednesday
  • -
  • 08:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
鴨下一郎環境相はもともと借入金など正直に書くつもりはなかったのだ。ごまかしても平気だと思っていたわけで、そういう汚いことをやって代議士になってきた。たとえば、彼は強制的に何も罪もない新井泉さんを監禁虐待して、食事も睡眠も与えないまま殺害している。医師である鴨下氏は罪もないヒトの生命を平然と奪って涼しい顔をしているのだ。こんなにも人間の生命を軽視するというよりはゴミのように新井さんを殺害してしまう鴨下の神経は、まさに殺人鬼そのものである。鴨下氏は、檻に閉じ込められている新井泉さんのプライバシーを破壊して、苦しんでいる新井泉さんの周りをものすごい騒音を立ててスピーカーで虐待していたという過去もあるのだ。これは本人が実際にやっていることで、鴨下自身に聞いてみればすぐわかることだ。こういう残虐なことを平然とできる鴨下氏であるから、莫大な金額を横領することなどごく当たり前のことなのだ。
  • 新井泉さんを救う会
  • 2007/09/07 4:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック